スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日ノ出町町内会の大事な物

今日は、今日は日ノ出町町内会で大事にしている物を紹介致します。
まず其の1,「子神社」です、町内会が出来る前、横浜開港のもっと前、「神社明細帳」によると
「推古天皇の御字創建と称す、承安年中(1,171~1,175)より代々赤門東福寺これが別当たりしも~ 」
と書かれてあり、およそ 839年の歴史があると思われます。
現在運営は氏子4町内会(日ノ出町・初黄町内会・赤英町内会・東ヶ丘)の氏子会が運営しています。
組織は宗教法人です、責任役員は5名登録されており、代表責任役員の宮司は、神奈川県神社庁の庁長が担当することになっています。
現在、鎌倉の鶴岡八幡宮の宮司 吉田茂穂氏が兼務しています。あと4町内会より1人づつ責任役員が選出されています。
御祭神は「大国主大神」で縁結びで有名な神様です。
縁結びとは、男女の仲だけではなく、仕事やお金やその他諸々の縁結びを指すようです。
私たちがこの町に住むようになる前、大昔からある神社ですから大事にしなければと思っています。
続きは又次回。

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。